黄巣の乱
黄巣の乱 黄巣軍の進路 Wikipedia
Next Post

黄巣の乱 (875年〜884年) 黄巣の乱は、唐末のにおきた農民反乱。唐の衰退が進行した9世紀後半、政治腐敗によって民衆の生活は困窮の度を増すなか、塩の密売人である黄巣こうそう王仙芝おうせんしが挙兵すると、民衆がつぎつぎと参加して巨大な民衆反乱となった。反乱軍から寝返って唐朝の汴州節度使となった朱全忠しゅぜんちゅう突厥とっけつ沙陀部さだぶの援軍により鎮圧されたが、この大乱によって唐の支配は事実上崩壊した。

Next Post