8月10日事件
8月10日事件(テュイルリー宮殿襲撃)(Jean Duplessis-Bertaux画/ヴェルサイユ宮殿蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

8月10日事件 (1792 テュイルリー宮殿襲撃)

1792年8月10日のフランス王権停止の革命をいう。ジャコバン=クラブとパリ市民は国王の廃位を要求し、パリ民衆と義勇兵がチュイルリー宮殿を攻撃、宮殿を警護していたスイス衛兵を惨殺、国王とその一族をタンプル宮に幽閉した。民衆の圧力に屈し、議会は王権を停止し、普通選挙による国民公会の招集が決定された。