1「院政と兵士の台頭」まとめ1/6 – 延久の荘園整理令と荘園公領制 荘園 荘園公領制の仕組み 荘園の発達
荘園公領制の仕組み ©世界の歴史まっぷ

1「院政と兵士の台頭」まとめ1/6 - 延久の荘園整理令と荘園公領制

日本史 > 第4章 中世社会の成立


入試チェック

入試チェック

1 後三条天皇が断行した荘園整理令を説明した文として正しいものを一つ選べ。

  • ① 延喜の荘園整理令と呼ばれる最初の整理令であり、以後の荘園整理令の規範となった。
  • ② 荘園領主から書類を提出させ、国衙に設けられた記録荘園券契所で審査にあたった。
  • ③ 朝廷から派遣された検田使が、荘園内に立ち入って測量し、荘園の範囲や面積を確定した。
  • ④ 書類の不備な荘園や、正式な手続きを踏まずに設立された荘園を没収して公領とした。

答え ●●●

2 後三条天皇の政策について述べた文として正しいものを一つ選べ。

  • ① 宣旨枡という統一的な枡を定めた。
  • ② 源頼信に命じて、平忠常の乱を鎮圧させた。
  • ③ 大輸田泊を修築して、海運の便をはかった。
  • ④ 六勝寺の建立を進めた。

答え ●●●

¥990 (2021/07/29 10:55:38時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634020815
広告