天平文化 文化の特色 4「天平文化」まとめ
鳥毛立女屏風(国宝)新詳日本史―地図資料年表

4「天平文化」まとめ

日本史 > 第2章 律令国家の形成

天平文化

このページの使いかた

  • この「日本史まとめ」カテゴリのページは、単語を伏字を利用しています。●●●部分(伏字)をクリックすると単語が表示されます。再度クリックすると伏字に戻ります。
  • その他重要な単語は赤字で表示しています。
  • 濃い緑色のテキストはマウスを乗せると用語説明が表示されます。

天平文化

天平文化と大陸

1 奈良時代の文化

●●●天皇時代の年号から天平文化と呼称

2 特徴

  • ①平城京を中心とした貴族文化
  • ②国家の保護のもと仏教が発展
  • ③唐文化の影響を強く受けた国際色豊かな文化 ← 遣唐使などから

各文化における中国文化の影響

  • 飛鳥文化 南北朝文化(六朝文化)の影響
  • 白鳳文化 初唐文化(唐初期)の影響
  • 天平文化 盛唐文化(唐の最盛期)の影響

国史編纂と『万葉集』

1 国史編纂事業

中国にならい国史の編纂を進める

  1. ●●●』(712):天武天皇の命で、宮廷に伝わる「帝紀」「旧辞」などをもとに●●●が暗誦(天武天皇の死去で事業中断) 元明天皇の命で●●●が筆録し完成(神代〜推古朝まで) 日本語を漢字の音訓で表記
  2. ●●●』(720):●●●を中心に、漢文による編年体(年月順に表記)で編纂(神代〜持統朝まで) 『日本書紀』以後、『続日本紀』『日本後紀』『続日本後紀』『日本文徳天皇実録』『日本三代実録』までを●●●と総称

2 地誌編纂

  • ●●●』(713):諸国の産物、伝承、山川の地名の由来などを記載 ほぼ完全に残存する●●●国を含め、常陸・播磨・豊後・肥前国の五カ国が現存

3 漢詩文・和歌

  1. 漢詩文:漢文・漢詩 ← 官吏の教養として重視
    • ①『●●●』:現存最古の漢詩集(*勅撰ではない) 大友皇子や大津皇子らの漢詩を集録
    • ②主な漢詩文の文人
      • 淡海三船おうみのみふね:『唐大和上東征伝とうだいわじょうとうせいでん』(鑑真の伝記)の著者
      • ●●●:自身の邸宅に私設図書館の●●●を設けて開放
  2. 和歌
    • ①『●●●』:現存最古の和歌集で、宮廷歌人や貴族から、東国出身者の東歌や防人歌まで、幅広く収録
    • 歌人:白鳳期の額田王や柿本人麻呂、天平期の山上憶良や大伴家持(『万葉集』編者との伝承あり)らが著名

4 学問

  1. 大学:中央におかれた貴族の子弟らが学ぶ官吏養成機関、教科では儒教の経典を学ぶ●●●、律令などを学ぶ●●●、平安初期には漢文や歴史を学ぶ●●●などを重視
  2. 国学:地方におかれた郡司の子弟らが学ぶ官吏養成機関

国家仏教の展開

1 国家の仏教保護と統制

  1. ●●●思想:為政者が仏教を保護することで、仏教の加護により国が護られるとする思想 聖武天皇の国分寺建立や大仏造立など 南部七大寺(薬師寺東大寺大安寺・元興寺・西大寺・興福寺・法隆寺)をはじめとする大寺院の建立があいつぐ 国家財政の負担増
  2. 社会事業:●●●が孤児・病人を収容する●●●や、貧窮の病人に治療を施す施薬院を設置、和気広虫わけのひろむしは恵美押勝の乱後の孤児を養育
  3. 教義研究
    南都六宗 三論さんろん成実じょうじつ法相ほっそう倶舎くしゃ華厳けごん●●●の6宗の総称
    • 法相宗:義淵(聖武天皇が徴用した玄昉や行基らを育成)
    • ●●●宗:良弁(東大寺の建立に貢献)
    • 三論宗:道慈(大安寺の建立に貢献)
  4. 国家による統制
    • ①僧侶:国の定める受戒を経た正式な僧侶のみ 正式な授戒は当初、東大寺戒壇院のみ(のち筑紫の観世音寺、下野の薬師寺 本朝三戒壇
    • ②正式な戒律:唐僧の●●●が伝え、東大寺に戒壇院を設置、のちに●●●寺を開山
    • ③僧尼令:民衆への布教を禁じるなど僧侶を厳しく統制 救済施設をつくるなど社会事業に貢献した僧●●●らを一時弾圧 のちに大僧正に任じられ、大仏造営に協力

2 仏教と在来信仰の融合

  1. ●●●思想:仏教の仏と日本古来の神々とは本来同一とする思想 神社の境内に神宮寺を建立、神前で読経など
  2. 現生利益・先祖信仰:先祖の霊を弔うための仏像建立、経典の書写など

天平の美術

1 建築

  1. 東大寺:●●●(別称:三月堂)や、校倉造で知られる聖武太上天皇の遺品などを収めた●●●宝庫など
  2. 法隆寺:夢殿(本尊が救世観音像)、伝法堂(もと貴族の邸宅を移築)
  3. 唐招提寺:金堂(天平期で唯一の金堂遺構)、講堂(平城宮朝集殿を移築)

2 彫刻

従来の木造や金銅像に加え、新たに乾漆像塑像などの技法が加わる

  1. 乾漆像:原型の上に麻布を漆で塗り固めて形を整える技法
    • ①東大寺法華堂●●●
    • ②興福寺●●●像(八部衆像)・十大弟子像
    • ③唐招提寺●●●像・金堂盧舎那仏像
    • ④聖林寺十一面観音像
  2. 塑像:木芯に粘土を塗り固める技法
    • 東大寺●●●●●●菩薩
    • 東大寺法華堂執金剛神像
    • 東大寺戒壇院四天王像
    • 新薬師寺十二神将像

東大寺法華堂不空羂索観音像

上の写真A・Bは乾漆像・塑像のいずれか。

答え A: ●●● B: ●●●

3 絵画

  1. 東大寺正倉院鳥毛立女屏風:樹下美人図ともいう
  2. 薬師寺●●●像:樹下美人図とともに唐の影響をうけた豊満な女性図
  3. 過去現在絵因果経:釈迦の一生を描く、後世の絵巻物の原型

4 工芸

  1. 正倉院宝物:光明皇太后が聖武太上天皇の遺品を東大寺に寄進(螺鈿紫檀五絃琵琶らでんしたんのごげんびわ漆胡瓶しっこへい白瑠璃碗はくるりわんなど、国際性豊かな遺品類)
  2. 百万塔陀羅尼:木造の小塔に陀羅尼経(現存最古の印刷物)を収納 称徳天皇が恵美押勝の乱後、死者の冥福を祈るために作らせ、奈良などの諸大寺に奉納

チェック

1. 『万葉集』について述べた文として誤っているものを一つ選べ。

  1. 奈良時代後半に編集された最初の勅撰和歌集である。
  2. 短歌・長歌など約4,500首の歌が、万葉仮名で記されている。
  3. 貧しい農民生活を歌った山上憶良の「貧窮問答歌」が収められている
  4. 東歌や防人歌など、地方農民の歌が多く収録されている。

答え ●●●

2. 奈良時代の仏教に関連して述べた文として誤っているものを一つ選べ。

  1. 神宮寺が建てられ、神前で読経するなどの神仏習合が始まった。
  2. 官営の大寺院や国分寺では、鎮護国家のための法会が行われた。
  3. 南都六宗では、仏教教理の学問的研究に力がそそがれた。
  4. 官営の寺院の多くは山中に建てられ、建物は地形に応じて配置された。

答え ●●●

図版チェック

次の写真の文化財は飛鳥文化・白鳳文化・天平文化のどの時代に該当するか。

天平文化
東大寺法華堂執金剛神像(国宝)
天平文化
唐招提寺鑑真像
法隆寺百済観音
法隆寺百済観音
天平文化
興福寺阿修羅像(国宝)
興福寺仏頭
興福寺仏頭
天平文化
螺鈿紫檀五弦琵琶
天平文化
薬師寺吉祥天像
法隆寺金堂壁画
法隆寺金堂壁画(部分)
白鳳文化
高松塚古墳壁画
天平文化
鳥毛立女屏風第2扇

答え: 飛鳥文化 ●●● 白鳳文化 ●●● 天平文化 ●●●

参考