アブー・ハーミド・ムハンマド・イブン・ムハンマド・ガザーリー
As reproduced in the frontispiece to McCarthy’s Freedom and Fulfillment (Boston: Twayne, 1980) ©Public Domain

アブー・ハーミド・ムハンマド・イブン・ムハンマド・ガザーリー

/ / /

アブー・ハーミド・ムハンマド・イブン・ムハンマド・ガザーリー (1058年 – 1111年12月18日) イスラーム史上もっとも偉大な思想家として知られる。スンナ派がイスラーム世界の中で多数派としての地位を確立する過程の中で最も功績のあった人物の一人。 ガザーリーはスンナ派と対立するシーア派への反論、イスラーム哲学への批判、スーフィズム(神秘主義)への接近を通して、スンナ派のイスラーム諸学を形作った。