アミアンの大聖堂
アミアンの大聖堂 Wikipedia
Previous Post

アミアンの大聖堂 (ノートルダム大聖堂(アミアン)) 世界遺産「アミアンの大聖堂」。ゴシック建築の遺構として最も完全なものとされるノートルダム大聖堂(アミアン)は、1220年に着工し、1288年に主要部が完成。身廊の穹窿は高さ42.3m、内部の長さ145mという壮大な建造物である。同時代のステンドグラスはほとんど残っていないが、西正面の三つの入り口を飾る彫刻群は、南口のものとともに、ゴシック盛期の代表作とされる。フランスの世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部としても登録されている。

世界遺産情報

アミアンの大聖堂

フランス
登録日
1981年
ウェブサイト
http://whc.unesco.org/en/list/162/
登録区分
文化遺産
登録名
アミアンの大聖堂
その他
(i)(ii)
Previous Post