アンティゴノス朝マケドニア 3.イラン文明 バクトリアとパルティア アッタロス朝 ポントス 紀元前200年頃の西アジア地図
紀元前200年頃の西アジア地図 ©世界の歴史まっぷ

アンティゴノス朝マケドニア

/ /

アンティゴノス朝マケドニア (紀元前276〜紀元前168) アレクサンドロス3世のディアドコイの一人、アンティゴノス1世モノフタルモス(隻眼王)の子孫がマケドニア本国と小アジアの一部とギリシアを支配したヘレニズム王朝。アンティゴノス2世がマケドニアに王朝を確立。首都:ペラ。ヘレニズム3国のひとつ。共和政ローマとの第三次マケドニア戦争(紀元前168年)に敗れて滅亡し、その地は紀元前148にローマの属州となる。