イタリア王国(中世) 東フランク王国 西フランク王国
870年メルセン条約による分裂 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

イタリア王国(中世) (774年〜1797年) ドイツ、ブルグントと共に神聖ローマ帝国を構成した王国である。ヴェネチア共和国を除く北部および中部イタリアから成る。11世紀まで首都はパヴィーアとされた。8世紀後半に成立して以来1000年以上の歴史を持つものの、その殆どの期間はカロリング帝国や神聖ローマ帝国の構成国としてのものであり、独立していたのは9世紀から10世紀にかけての100年足らずであった。13世紀には政体としての実態を失い、16世紀後半以降はイタリア王の称号自体が使われなくなった。一方で王国の封建的ネットワークは18世紀末まで名目的ながら維持された。

  • 774年: シャルルマーニュのイタリア王戴冠 カール大帝
  • 855年: イタリア王国として独立 ロドヴィコ2世
  • 888年: 無秩序時代の開始 ベレンガーリオ1世
  • 963年: 神聖ローマ帝国の支配下となる オットー1世 (神聖ローマ皇帝)
  • 1002年: 一時的に独立(2年間) アルドゥイーノ・ディヴレーア

Previous Post