イブン=シーナー
タジキスタンの20ソモニ紙幣©Public Domain

イブン=シーナー


イブン=シーナー( A.D.980〜A.D.1037)

イランの哲学者・医学者。その天才ぶりから各地で要職につく。研究は多岐にわたり、哲学を体系化し、医学書は西欧の医学の教科書となった。

イブン=シーナー

天才的な哲学・医学者

イランの哲学者・医学者。その天才ぶりから各地で要職につく。研究は多岐にわたり、哲学を体系化し、医学書は西欧の医学の教科書となった。

¥1,172 (2021/09/27 21:16:10時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

イスラーム世界の形成と発展

イスラム王朝 17.イスラーム世界の発展 イスラーム世界の形成と発展
イスラーム世界の形成と発展 ©世界の歴史まっぷ

イスラーム世界の発展

学問の発達

イスラーム教徒は、まずこれらの翻訳によってギリシアの医学天文学幾何学光学地理学などを学び、これらを臨床や観測・実験によってさらに豊富で正確なものとした。ブハラ生まれのイブン=シーナー(980〜1037)は、臨床によって病理を綿密に分析した『医学典範』を著し、イスラーム医学界の最高権威とみなされた。またティムールの孫で第4代君主ウルグ・ベク(1447〜1449)によってサマルカンドに建設された天文台では、高度な観測の結果に基づいて『ウルグ・ベク天文表』がつくられ、ギリシア天文学の成果を一新した。
学問の発達 – 世界の歴史まっぷ

ヨーロッパのイスラーム文明

13世紀半ばころまでには、アリストテレスの哲学書とイスラーム教徒によるおもな著作はほとんどラテン語に翻訳されたが、なかでもイブン=シーナーとイブン・ルシュドの哲学研究は、ヨーロッパの思想界に大きな影響を与え、カトリックの神学体系の樹立に貢献した。
また自然科学の分野でも、クレモナのジェラルドによって翻訳されたイブン=シーナーの『医学典範』は、ヨーロッパでもっとも権威ある医学書とみなされ、16世紀まで各地の医学校で教科書として使われていた
ヨーロッパのイスラーム文明 – 世界の歴史まっぷ

詳説世界史研究

生涯

  • イブン=シーナーは、980年8月末にサーマーン朝の徴税官アブドゥッラーフ・イブン・アル=ハサンとその妻シタラの息子として、首都ブハラ近郊のアフシャナに生まれる。
  • 16歳の時にはすでに患者を診療。無料で診療を行って経験を積み、医師としての名声を高める。
  • サーマーン朝のアミール・ヌーフ2世の病を治療して信任を得、王室附属図書館を自由に利用することを許される。18歳までに蔵書の全てを読破。
  • 999年、イブン=シーナーが仕えていたサーマーン朝がガズナ朝カラハン朝の攻撃を受けて滅亡。
  • 22歳ごろにブハラを去って放浪の旅に出る。
  • ホラズム地方のクフナ・ウルゲンチの統治者マームーン2世に仕官し、法律顧問として活躍する傍らで『医学典範』の執筆を開始。
  • ブワイフ朝統治下のハマダーンの君主シャムス・ウッダウラの侍医となり、シャムス・ウッダウラの疝痛を治療して能力を認められ、信任を得て宰相に起用される。
  • 1020年、『医学典範』完成。
  • 移住したエスファハーンがガズナ朝から攻撃を受け、イブン=シーナーは蔵書を含む所有物を奪われる。病に倒れた時、奴隷に多量のアヘンを飲まされて財産のほとんどを奪われ、最後まで窮乏から立ち直ることができなかった。
  • タジキスタンで流通している20ソモニ紙幣には、イブン=シーナーの肖像が使用されている。

参考 Wikiwand

広告