正統主義 ウィーン体制 ウィーン会議 ウィーン体制下のヨーロッパ地図
ウィーン体制下のヨーロッパ地図 ©世界の歴史まっぷ

ウィーン会議 (A.D.1814〜A.D.1815)

フランス革命、ナポレオン戦争ののち、ヨーロッパの政治秩序再建のため、1814年9月から15年6月まで、ウィーンで開かれた列国会議。オーストリア、プロシア、ロシア、イギリスの四大国が事実上の決定権をもち、ほか関係諸国の代表が列席した。敗戦国フランスも参加し、タレーランの外交手腕によって巧みに自国の利益を守った。他国の君主貴顕も集り、オーストリア宮廷は絶えず派手な招宴を催して宴会外交を展開し、議事遅延を招いたことでも有名。