正統主義 ウィーン体制 ウィーン会議 ウィーン体制下のヨーロッパ地図
ウィーン体制下のヨーロッパ地図 ©世界の歴史まっぷ

ウィーン体制

ウィーン会議の決定に基づいて組立てられた、ナポレオン戦争後のヨーロッパの国際秩序。ウィーン会議をリードした諸大国間の四国同盟(英・露・澳・プロイセンのち仏を加えて5国)や神聖同盟を骨格とし、自由主義や民族主義を抑圧する保守反動体制であり、メッテルニヒがその指導者であった。1848年の三月革命で崩壊。

ウィーン体制

ウィーン会議の決定に基づいて組立てられた、ナポレオン戦争後のヨーロッパの国際秩序。ウィーン会議をリードした諸大国間の四国同盟(英・露・澳・プロイセンのち仏を加えて5国)や神聖同盟を骨格とし、自由主義や民族主義を抑圧する保守反動体制であり、メッテルニヒがその指導者であった。1848年の三月革命で崩壊。

参考 ブリタニカ国際大百科事典

ウィーン体制の成立・破綻・崩壊

48.ウィーン体制の成立
48.ウィーン体制の成立流れ図 ©世界の歴史まっぷ