ウェストミンスター宮殿
ウェストミンスター宮殿 テムズ川からの眺め Wikipedia

ウェストミンスター宮殿 中世には王の住居、議会場として使用された。1285年イギリス発の議会である模範議会を開催。1640年に召集された議会はピューリタン革命の発端となり、現在でも下院の独立を表すため国王の下院議会への立ち入りは禁止されている。1834年の火災で大部分を焼失、約30年をかけてゴシック・リバイバル様式で再建され、今日にいたるまで国会議事堂として使用されている。世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会」に登録。

世界遺産情報

ウェストミンスター宮殿

イギリス
登録日
1987
ウェブサイト
http://whc.unesco.org/en/list/426/
登録区分
文化遺産
登録名
ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会 Palace of Westminster and Westminster Abbey including Saint Margaret’s Church
その他
(1), (2), (4)