ウェストミンスター寺院
ウェストミンスター寺院の西側ファサード ©Public domain

ウェストミンスター寺院 (ウェストミンスター・アビー) ノルマン征服によってイングランドを掌握したウィリアム1世(イングランド王)が1066年にここで戴冠して以降、歴代のほとんどの国王の戴冠式が行われてきた。戴冠の際に新王が着席する椅子は、修道院をつくったエドワード懺悔王にちなんで「エドワード王の椅子」と呼ばれている。13世紀にフランスのゴシック様式で改装されたため、英仏の様式を織り交ぜた建築となっている。中世以来の国王、政治家や戦没者、学者や作家が埋葬されており、アイザック・ニュートンやダーウィン、詩人ジェフリー・チョーサーや作家チャールズ・ディケンズなどの英国史上の偉人が眠る。世界遺産「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会」に登録。

世界遺産情報

ウェストミンスター・アビー

イギリス
宗派
英国国教会
ウェブサイト
http://www.westminster-abbey.org
登録区分
文化遺産
スタイル
ゴシック
登録名
ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター・アビーとセント・マーガレット教会