エルナン・コルテス
エルナン・コルテス ©Public Domain
Previous Post

エルナン・コルテス (A.D.1485〜A.D.1547) スペインのコンキスタドール。1251年、メキシコのアステカ王国を征服、破壊した。人口20万を超える首都テノチティトランは、当時のヨーロッパのどの都市より大きく、巨大なピラミッド、水上に巡らされた道、黄金で埋めつくされた王宮と、美しい文化が栄えていた。今では「文明破壊」の象徴となっている。1世紀のうちにアステカ人の人口は9割が消失した。

Previous Post