オットー1世(神聖ローマ皇帝)
マイセン大聖堂にあるオットー1世(右)とブルグントのアーデルハイトの像 Source Wikipedia

オットー1世(神聖ローマ皇帝) (A.D.912〜A.D.973) 東フランク王国の王となり、「帝国教会政策」で中央集権体制を確立。レヒフェルトの戦いで、マジャル人を討ち、キリスト教社会を異民族から守った功績で、ローマ教皇から帝冠を受け神聖ローマ帝国が誕生。イタリア介入は、のちの皇帝と教皇の対立を招いた。

  • 東フランク王国ザクセン朝第2代国王(在位:936年〜973年)
  • イタリア王国(中世)ザクセン朝初代イタリア王(在位:951年〜973年)
  • 神聖ローマ帝国初代皇帝(在位:962年〜973年)併任