オランダ東インド会社 オランダ東インド会社の活動
オランダ東インド会社(アムステルダム国立美術館蔵)©Public Domain

オランダ東インド会社 East India Company (A.D.1602〜A.D.1799)

多数の会社が連合して形成された貿易会社。世界初の株式会社であり、東南アジアではジャワ島のバタヴィアを拠点に香辛料貿易を独占、南アフリカでもケープ植民地を築き、17世紀オランダの繁栄を支えた。18世紀、英仏の繁栄に遅れをとり、会社は内部の混乱も重なって1799年に解散。