カンタベリー大聖堂
カンタベリー大聖堂 Wikipedia

カンタベリー大聖堂 イギリス国教会の総本山。6世紀末に建てられたが、12世紀末に焼失したのちに再建され、イギリス最初のゴシック様式の大聖堂となった。高さ72mの棟は15世紀末に完成しており、12~13世紀のステンドグラスや壁画・柱頭彫刻がある。世界遺産「カンタベリー大聖堂、セント・オーガスティン修道院跡とセント・マーティン教会」に登録。