ガウガメラの戦い
ガウガメラの戦い(ヤン・ブリューゲル画/ルーヴル美術館蔵)©Public Domain

ガウガメラの戦い (アルベラの戦い)(紀元前331年10月1日) ペルシアによるギリシア侵入への報復の名目で東方遠征をおこなったアレクサンドロス3世は、イッソスの戦い(紀元前333年)でペルシアのダレイオス3世を破ってシリア・エジプトを占領した。さらにダレイオスを追撃してアルベラ・ガウガメラの戦い(紀元前331年)でも圧勝して首都ペルセポリスを焼き払い、アケメネス朝を滅ぼした。