ガリア戦争
アレシアの戦いにて、カエサル(赤いトガをまとう人物)の軍門に下り、勝者の足元に武器を投げ捨てるウェルキンゲトリクス (リオネル・ロワイヤル画/クロザティエ博物館蔵)©Public domain
Previous Post

Next Post

ガリア戦争 (紀元前58年〜紀元前51年) 共和政ローマのガリア地区総督ガイウス・ユリウス・カエサルがガリア(現:フランス、ベルギー、スイス等)に遠征してその全域を征服し、共和政ローマの属州とした一連の戦争を指す。アレシアの戦いに勝ってウェルキンゲトリクスを捕え、ガリア全土のローマ属州化と平和をもたらし、比較的人員の損失も少く多くの富を獲得したカエサルの政治力強大化につながった。

Previous Post

Next Post