コンスタンティヌス1世
コンスタンティヌス1世の頭像(作者不明/紀元前4世紀) カピトリーノ美術館所蔵
Previous Post

Next Post

コンスタンティヌス1世 (A.D.272〜A.D.337) ローマ帝国テトラルキア時代西ローマ副帝(位306〜312)、正帝(位312〜324)、コンスタンティヌス朝皇帝(位324〜337)。帝国を再統一し、専制君主制を発展させたことから「大帝」と称される。ミラノ勅令で全帝国市民の信教の自由を保障した。

Previous Post

Next Post