コンスタンティノープルの陥落
コンスタンティノープルの陥落 (Fausto Zonaro画) ©Public Domain

コンスタンティノープルの陥落 1453年、オスマン帝国のメフメト2世は、東ローマ帝国(パレオロゴス王朝)の首都コンスタンティノープル(現イスタンブール)を攻略し、滅亡させた。征服後、コンスタンティノープルをイスタンブルと改称してオスマン帝国の首都を移した。