サファヴィー朝 サファヴィー朝国家 オスマン帝国 オスマン帝国の拡大 オスマン帝国とサファヴィー朝の最大領域地図
オスマン帝国とサファヴィー朝の最大領域地図 ©世界の歴史まっぷ

サファヴィー朝 (A.D.1501〜A.D.1736) 神秘主義教団サファヴィー教団の教主イスマーイール1世が建国、イラン全域を支配したイスラーム王朝。キジルバシュ(トルコマン遊牧民)を軍事力とし、シーア派(とくに十二イマーム派)を国教とし、スンナ派に対する激しい対抗意識が現在にいたるイランのシーア派化の端緒となった。アッバース1世の時代にイスファハーンに遷都。交易とシーア派学芸で繁栄した。