サン・ヴィターレ聖堂
サン・ヴィターレ聖堂 Source Atagobay

サン・ヴィターレ聖堂

サン・ヴィターレ聖堂 547年に大司教マクシミアヌスが献堂した、聖ウィタリスの聖遺物を信仰するためのマルティリウム(殉教者記念礼拝堂)。八角形の集中式平面という特殊な平面構成を持ち、初期ビザンティン美術の美しいモザイク画が残る。内部の側面と壁のモザイクは旧約聖書を題材にし、中でも内陣のユスティニアヌス1世(東ローマ皇帝)と皇后テオドラの神々しいモザイクが有名。世界遺産「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」のひとつとして登録されている。