シャルル・ド・モンテスキュー
シャルル・ド・モンテスキュー(ヴェルサイユ宮殿蔵)©Public Domain

シャルル・ド・モンテスキュー

シャルル・ド・モンテスキュー (A.D.1689〜A.D.1755) フランスの啓蒙思想家、法律家、歴史家。 1721年『ペルシア人の手紙』でフランスの政治と社会を風刺、一躍脚光をあびる。1728年アカデミー・フランセーズ入り。1734年『ローマ人盛衰原因論』を出版。1748年に40年を費やした大作『法の精神』を上梓。絶対王政を批判し、立法・行政・司法の三権分立論を展開した。