ジェントリ テューダー朝 バラ戦争とイギリスの集権化
テューダー家紋章。ランカスター家の赤バラとヨーク家のバラを合わせた形になっている。Wikipedia

ジェントリ


Previous Post

Next Post

ジェントリ gentry

中世末のイギリスでは、百年戦争バラ戦争によって、由緒正しい封建貴族の多くが没落し、これにかわって勢力を強めた、騎士階層や商人・富農などからでた地主階級をさす。テューダー朝ヘンリー7世(イングランド王)が官僚としてジェントリを重用して封建貴族を牽制した。以後、ジェントリと貴族が共にジェントルマンと呼ばれ、政治・社会・文化などあらゆる面で主導権を握るようになる。

ジェントリ

ヨーロッパ主権国家体制の展開

ヨーロッパ主権国家体制の形成

イギリス絶対王政の確立と社会

中世末のイギリスでは、フランスとの百年戦争と、つづいておこった大きな内乱であるバラ戦争によって、由緒正しい封建貴族の多くが没落した。これにかわって、騎士階層や商人・富農などからでたジェントリ gentry と呼ばれる地主階級が勢力を強めた。

バラ戦争の混乱を収拾して登場したテューダー朝のヘンリー7世(イングランド王)(位1485〜1509)は、星室庁裁判所を改組して治安の維持に努めるなど、絶対王政の傾向を強めた。その際、彼は官僚としてジェントリを重用して、封建貴族を牽制した。以後のイギリス社会では、ジェントリと貴族が共にジェントルマン gentleman と呼ばれ、政治・社会・文化などあらゆる面で主導権を握るようになる。

中央の議会では、貴族が貴族院(上院)、主としてジェントリの代表が選挙で選ばれて庶民院(下院)を構成し、地方の政治も貴族や治安判事などに任命されたジェントリが牛耳ることになった。このようなジェントルマンの権威は、少なくとも産業革命までは変わることがなかった。

絶対王政とは

絶対王政は、一般に封建貴族よりは下の、イギリスでいえばジェントリと呼ばれたような階層から人材を登用して官僚制度を整備し、封建契約にもとづく軍隊にかえて賃金で雇った常備軍を設けて、これらを基盤として専制政治を展開する。こうしてこの時代、国王は封建貴族の勢力に対抗して近代的な国民国家の統合を進めたが、なお地方では貴族や聖職者の特権も残っており、王権自体それらに依存する一面もあったから、過渡的な性格にとどまった。

¥2,750 (2021/09/23 20:44:18時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告
Previous Post

Next Post