ジョット・ディ・ボンドーネ
『ユダの接吻』(ジョット・ディ・ボンドーネ画/スクロヴェーニ礼拝堂蔵)©Public Domain

ジョット・ディ・ボンドーネ

/ / /

ジョット・ディ・ボンドーネ (A.D.1266頃〜A.D.1337) フィレンツェ共和国出身の画家・建築家。中世のゴシック絵画の完成者であり、ルネサンス絵画の先駆者でもある。アッシジのサン・フランチェスコ聖堂の壁画を始めとする彼の多くの作品は、人間性と宗教性を融合した絵画の新しい表現様式をつくりだした。スクロヴェーニ礼拝堂のフレスコ壁画は、初期ルネサンス絵画の傑作。三次元的陰影で人物を描き、遠近法を用いている。