スペイン・ハプスブルク朝
スペイン・ハプスブルク朝のころにおけるスペイン帝国(赤はスペイン王国、青はポルトガル王国)の領土、植民地、属領(1580年 – 1640年)©世界の歴史まっぷ

スペイン・ハプスブルク朝 (A.D.1516〜A.D.1700) イベリア半島を統一した、カトリック両王(フェリペ1世(カスティーリャ王)・フアナ(カスティーリャ女王))の長男カルロス1世が祖父マクシミリアン1世(神聖ローマ皇帝)の死後1516年スペイン王に即位、1519年にカール5世(神聖ローマ皇帝)に即位してからカルロス2世(スペイン王)の死によって断絶するまでのハプスブルク家によるスペイン統治時代を指す。