モノモタパ王国 ガーナ王国 クシュ王国 ソンガイ帝国 マリ帝国 アフリカのイスラーム化 16世紀までのおもなアフリカの諸国地図
16世紀までのおもなアフリカの諸国地図 ©世界の歴史まっぷ

ソンガイ帝国 (A.D.1340〜A.D.1591) 黒人アフリカで最大の版図をもった帝国。支配部族の名をとってこのように呼ばれるが,首都ガオの名をとってガオ帝国とも呼ばれる。16世紀の最盛期には,ガオ(現マリ共和国領)のあるニジェール川大湾曲部東部地方を中心に,その勢力は,西アフリカ西端の現セネガル共和国の地域から,金の主要な産地だったニジェール川上流の山地地方(現ギニア共和国領)、岩塩の産地テガザ(現マリ共和国領)を含むサハラの一部,東はハウサ諸国(現ナイジェリア北部)にまで及んだ。

参考 世界大百科事典