トイトブルク森の戦い
トイトブルク森の戦い (Otto Albert Koch画/Lippisches Landesmuseum Detmold, K 2009/0167/2009) ©Public Domain

トイトブルク森の戦い

トイトブルク森の戦い 紀元9年にゲルマン系ケルスキ族の族長アルミニウスに率いられたゲルマン諸部族軍とローマ帝国の間で行われた戦い。 ゲルマン諸部族はゲルマニア総督(ライン方面総司令官)ウァルス将軍の配下のローマ軍団をほぼ全滅させた。トイトブルクの戦いとも称される。