ドレヒュス事件
ドレヒュスの裁判(Le Petit Journal/File:Dreyfus Petit Journal 1894.jpg – Wikimedia Commons)©Public Domain

ドレフュス事件 Dretfys (A.D.1894〜A.D.1899)

ユダヤ系軍人ドレヒュス大尉に対する冤罪事件。仏国内で共和諸派が急進社会党を結成しカトリック教会に対し戦いを続け政教分離が進んだ。現在、国家による冤罪と人権抑圧に抗したジャーナリズムの物語として知られている。