ノートルダム大聖堂(パリ)
ノートルダム大聖堂(パリ)セーヌ川からの眺め ©Zuffe

ノートルダム大聖堂(パリ)

ノートルダム大聖堂(パリ) (Notre Dame de Paris) ゴシック建築を代表する建物であり、フランス、パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂。「パリのセーヌ河岸」という名称で、周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録された。現在もノートルダム大聖堂は、パリ大司教座聖堂として使用されている。ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」すなわち聖母マリアを指す。