ハインリヒ4世(神聖ローマ皇帝)
カノッサの屈辱(グレゴリウス7世・ハインリヒ4世(神聖ローマ皇帝)・トスカナ女伯マティルダ) ©Public Domain

ハインリヒ4世(神聖ローマ皇帝)

/ /

ハインリヒ3世(神聖ローマ皇帝)

コンラート(イタリア王)

ハインリヒ5世(神聖ローマ皇帝)

Previous Post

ハインリヒ4世(神聖ローマ皇帝) (A.D.1050〜A.D.1106) ローマ王(在位:1053〜1106)、イタリア王(在位:1080〜1106)、ローマ皇帝(在位:1084〜1106)。神聖ローマ帝国ザーリアー朝第3代皇帝、フランケン公(在位:1056〜1076)、バイエルン公(在位:1077〜1096)。父王を継ぎ、6歳で神聖ローマ皇帝に即位。グレゴリウス7世(ローマ教皇)との叙任権闘争で破門され政治的支持を失う。1077年、イタリアのカノッサ城で教皇に赦免を乞う屈辱を強いられた(カノッサの屈辱)。

Previous Post