大月氏国 冒頓単于 スキタイと匈奴 漢の興起 月氏 バクトリア王国 パルティア 紀元前2世紀後半の世界地図
紀元前2世紀後半の世界地図 ©世界の歴史まっぷ

パルティア (アルサケス朝, 安息) (紀元前247年頃〜224年)
カスピ海南東部、イラン高原東北部に興った王国・遊牧国家である。紀元前247年頃パルニ氏族を中心とした遊牧民の長、アルサケス1世が建国し、ミトラダテス2世の治世で最盛期を迎えた。6度に渡りローマからの侵攻を受け(パルティア戦争)、224年ペルシア(ササン朝)の侵攻により滅亡した。

パルティア

オリエントと地中海世界 パルティア
オリエントと地中海世界 ©世界の歴史まっぷ

オリエントと地中海世界

古代オリエント世界

ザグロス山脈の東方、アフガニスタンにいたる広大な地域は、イラン系民族の居住地であった。この地域の大部分は高原性台地であるが、砂漠もあれば、農耕を可能にする降雨や水流がえられる地方もあった。このような自然条件に対応して、住民は地域により農耕遊牧で生計を立ててきた。アケメネス朝(紀元前550〜紀元前330)のもとでは属州に編成されて発展したが、紀元前4世紀後半にアレクサンドロス3世に征服され、その死後はセレウコス朝(紀元前312年〜紀元前63年)の支配下におかれた。セレウコス朝は当初バクトリアからアナトリアやシリアまでを領域とし、都市化政策を推進した。イラン地方にも都市建設をおこない、多数のギリシア人を入植させた。しかしやがてセレウコス朝の支配が低下するのにともない、各地の有力家系が王朝をきずいて独立した。

紀元前200年頃の西アジア地図
紀元前200年頃の西アジア地図 ©世界の歴史まっぷ

バクトリアの独立に刺激され、カスピ海南東のパルティア地方では、イラン系遊牧民がパルニ属の族長・アルサケス1世に率いられてパルティアは独立し、パルティア王国(アルサケス朝 紀元前248/247年〜紀元後224年)をたてた。そしてセレウコス朝と争いつつ領土を西へと広げた。

中国ではこのパルティア王国を、建国の祖アルサケスの名にちなんで「安息あんそく」と呼んだ。
紀元前2世紀後半の世界地図
紀元前2世紀後半の世界地図 ©世界の歴史まっぷ

紀元前2世紀半ばのミトラダテス1世のときに国力はさかんとなり、セレウコス朝の東の都・ティグリス河畔のセレウキアを陥れると、その対岸のクテシフォンに冬営地を設けた。各地を転々としていたパルティアの首都は、やがてこのクテシフォンに定まった。
その領域は東方ではバクトリア・大月氏クシャーナ朝と国境を接し、西はユーフラテス川にいたる広大なものであった。この領土を支配するためにパルティアの王たちは、アケメネス朝の統治組織を継承して中央集権制を確立しようと努めた。
アケメネス朝の王にならって「諸王の王」と称し、属州には有力家系の知事を配置し、交通路の整備にも力を注いだ。しかしパルティア国家は、有力家系の連合体という性格を最期まで脱することができず、そのため国内の地方勢力の台頭を抑えることもできなかった。他方、征服者であり支配者である遊牧民と、被征服者である先住農耕民との融合は徐々に進み、文化的には征服者が被征服者の影響をうけるという現象が起こった。

内陸アジア隊商路だけでなく、海上ルートの要所であるペルシア湾をも押さえたパルティアは、東西交易の利益を独占しておおいに繁栄した。後漢班超はんちょうがローマ(大秦国)とつうじようとして甘英かんえいを派遣した時、パルティア(安息あんそく)がこれを妨害したのは、この利益が侵されるのを恐れたからであった。西に向かう商品は絹・香料・象牙・宝石などであり、ローマからは青銅やガラスの工芸品・ブドウ酒・オリーブ油・金をうけとった。

パルティアにとって最大の敵となったのは、東方進出をはかるローマであった。紀元前1世紀にセレウコス朝を倒したローマのさらなる東進を阻止するため、パルティアもシリアに進出した。紀元前53年には共和制ローマの三頭政治家のひとりマルクス・リキニウス・クラッススを敗死させた。
しかし2世紀の初頭にはトラヤヌス帝(ネルウァ=アントニヌス朝)の率いるローマ軍がクテシフォンを占領し、ペルシア湾頭にまで達した(パルティア戦争)。その後両国間には一進一退の小競り合いが続いたが、パルティアの国力はしだいに衰退し、ついに224年、ササン朝によって滅ぼされた。

バクトリアとパルティア – 世界の歴史まっぷ

パルティアの文化

パルティアの文化は早くよりヘレニズムの影響を強くうけ、王が「ギリシア人を愛するもの(フィルヘレン)」という称号をおびるほどであった。
ギリシア語が公用語とされ、貨幣の銘文にもギリシア文字が用いられた。しかし征服者であり支配者である遊牧パルティア人と先住農耕民との融合が進むに連れて、文化にもしだいにイラン敵要素が強くなり王朝後期にはパフレヴィー語(中世ペルシア語)がアラム文字で表現されて公用語化した。
宗教的にも徐々にイラン色が濃くなり、ゾロアスター教が信奉されるようになったが、ミトラダテスと名乗るパルティア王がいたことからみて、ミトラ神への信仰も強かったと思われる。バビロニア地方ではセム系とイラン系の宗教混合も進んだ。

パルティアとササン朝の文化 – 世界の歴史まっぷ

内陸アジアの変遷

アジア・アメリカの古代文明
アジア・アメリカの古代文明 ©世界の歴史まっぷ
パルティラ
内陸アジアの変遷 画像出典:山川世界史総合図録より

パルティア王国の領域は現在でいうアルメニア、イラク、グルジア、トルコ東部、シリア東部、トルクメニスタン、アフガニスタン、タジキスタン、パキスタン、クウェート、サウジアラビアのペルシャ湾岸部、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦の領域にまで拡大した。最も初期の都はミトラダトケルタ、次いでカスピ海南岸のヘカトンピュロス、更に遷都してバビロニアのクテシフォン(現イラク)。

また、歴代のパルティア王は「アルサケス」という称号を継承しており、もともと初代王の個人名であったものが、後にパルティアの君主号として定着した。

詳説世界史研究

歴史

成立

アルサケス1世
  • 在位:紀元前247年頃 – 紀元前211年頃
  • 紀元前3世紀、セレウコス朝の支配力が衰える。
  • 紀元前256年にバクトリア地方を治めていたセレウコス朝のサトラップ・ディオドトス1世が反乱を起こし独立してバクトラ王国を建国。同時に、パルティア地方を治めていたセレウコス朝のサトラップ・アンドラゴラスが独立を宣言。
  • 紀元前247年頃、パルニ氏族を中心とした遊牧民勢力が、アルサケス1世と弟のティリダテス1世を指導者としてアンドラゴラスの勢力を放逐してパルティア王国(アルサケス朝)を建国。
  • 紀元前228年頃、バクトリアのディオドトス2世と同盟を結び東方を固める。
  • セレウコス朝シリアのセレウコス2世の遠征に遭い、アルサケス1世はサカに避難する。
  • 紀元前226年、セレウコス2世が没するとアルサケス1世は首都・ヘカトンピュロスに帰還し、国固めを行う。
アルサケス2世
  • 在位:前211年頃 – 前191年
  • メディアのエクバタナを占領するも、セレウコス朝のアンティオコス3世の東方遠征によってにエクバタナを奪還される。アナーヒター神殿の財宝を奪われ、最終的には本拠地のヘカトンピュロスにまで進軍されたため、セレウコス朝の優位を認め「同盟者」となる。
フリアパティウス
  • 在位:前191年 – 前176年
  • 紀元前189年、セレウコス朝のアンティオコス3世がローマとの戦いに敗れたため、直後に再びセレウコス朝の勢力下から離脱する。

拡大

ミトラダテス1世
  • 在位:前171年 – 前138年
  • エウクラティデス1世王が率いるバクトリア王国に東征して2州を奪う。西方では長期に渡る戦いの末、紀元前148年または紀元前147年にはメディア地方を支配下に置く。
  • セレウコス朝の中核地帯であるバビロニアへの拡大が視野に入る。セレウコス朝の内乱も手伝ってバビロニア方面への侵攻は大成功に終わり、前141年までにはバビロニアの中心都市セレウキアを陥落させ、翌年にはスシアナ(Susiana、現フーゼスターン州)の中心都市スサも陥落、エリマイス王国もその影響下に置いた。
  • しかし、このミトラダテス1世の征服活動の結果、パルティアの支配地域には多数の異民族集団が内包されることになった。ミトラダテス1世以降のパルティア王達は異民族の統治に非常に気を使ったが、パルティアの支配を忌避し反パルティアの政治傾向を長く持ち続ける集団も存在した。
    ミトラダテス1世は北西インドのサカ人が本拠地のヒュルカニアに侵入したと言う報せを受けて、ヒュルカニアへ出向いた。その間にセレウコス朝のデメトリオス2世はエリマイス、ペルシス(ペルシア湾北岸)、バクトリアと協力し、バビロニアで挙兵した。
    しかし、王の留守を預かったパルティアの将軍たちはこの軍を打ち破ってデメトリオス2世を捕虜とした。この時セレウコス朝に味方をしたエリマイスの都市アルテミスには制裁として略奪が行われた。
    ミトラダテス1世はその後インド北西部を征服し、王はバシレオス・メガロス(大王)を名乗った。
フラーテス2世
  • 在位:前138年 – 前128年
  • 捕虜であったセレウコス朝のデメトリオス2世の弟であるアンティオコス7世が、失地奪還のために兵を起した。デメトリオス2世の侵入時と同じく、パルティア領内の旧支配層はセレウコス朝の「マケドニア人王」の到来を歓迎し、この軍に参入していった。
    こうしてまずメディア地方が、紀元前130年にはバビロニア一帯が占領された。
    このとき和平交渉により、フラーテス2世はデメトリオス2世を返還した。アンティオコス7世は更に東方へと向かったが、現地住民に圧力をかけ不評だったため、住民は重圧に抵抗する態度を見せ始めた。
  • パルティア側は市民蜂起の工作を行い、蜂起軍にパルティア軍を参加させ、蜂起を盛り上げた。前129年にアンティオコス7世は反乱鎮圧中に戦没した。アンティオコス7世の子は捕虜となり、パルティアで丁重に扱われた。また、同年アラブ人ヒスパネシオスによってメソポタミア南部にカラケネ王国が建てられ、一時バビロンとセレウキアを奪われた。フラーテス2世は勢いに乗じて、シリア侵攻を計画したが、傭兵として雇っていたサカ人やバビロニアのギリシア人捕虜が反乱を起こし、紀元前128年、フラーテス2世は戦死した。
ミトラダテス2世
  • 在位:前123年頃 – 前87年頃
  • セレウコス朝を攻めてメソポタミア北部を制圧。さらにカラケネ王国および小アジアのアルメニア王国を服属させた。
    都をクテシフォンに移し、この時代には再びメソポタミアからインダス川までを支配する大国となり、ミトラダテス2世はイラン地方の覇者の称号である「バシレウス・バシレイオン」(諸王の王)を名乗るようになった。
    紀元前92年にはローマと会談し、初めての接触を持っている。この時代がパルティアの最盛期と評される。

パルティア戦争

古代ローマとアルサケス朝パルティアとの間で戦われた戦争を指す。8度に渡って干戈を交えた。

  • 第一次パルティア戦争 : 紀元前53年、マルクス・リキニウス・クラッススによる遠征。カルラエの戦いでパルティアが勝利を収めた。
  • 第二次パルティア戦争 : 紀元前39年、マルクス・アントニウスによる遠征。
  • 第三次パルティア戦争 : 紀元2年、アルメニア領有を巡りアルタバヌス2世が仕掛けた戦争。
  • 第四次パルティア戦争 : 58年から63年頃まで。ローマはグナエウス・ドミティウス・コルブロが指揮。
  • 第五次パルティア戦争 : 113年からのトラヤヌス帝による親征で、ローマ軍はクテシフォンを陥落させた。
  • 第六次パルティア戦争 : 161年、ヴォロガセス4世によるローマ属州シリアへの侵攻。
  • 第七次パルティア戦争 : 194年から198年までのセプティミウス・セヴェルス帝とヴォロガセス5世との戦い。
  • 第八次パルティア戦争 : 217年、カラカラ帝率いるローマ軍をアルタバヌス4世が撃退した戦い。

224年 滅亡

  • 国内の混乱はますます激しさを増し、全土に反乱が多発する。220年、それに乗じたペルシア王アルダシール1世の侵攻を受け、メソポタミア諸都市も多数離反し、ヴェロガセス6世は陣中で死去し、アルタバヌス4世も224年にアルダシール1世に敗れて殺された。
    この時点で事実上パルティアは滅びた。
  • その後、アルタバヌスの子・アルタバスデスが抵抗を続けたが、クテシフォンで処刑。パルティアは完全に滅亡した。
  • パルティアを滅ぼしたアルダシール1世はパルティアの後継者を名乗り、「バシレウス・バシレイオン」(諸王の王)を称してクテシフォンを首都としてササン朝を設立した。

パルティアの文化

パルティアの文化は早くよりヘレニズムの影響を強くうけ、王が「ギリシア人を愛するもの(フィルヘレン)」という称号をおびるほどであった。
ギリシア語が公用語とされ、貨幣の銘文にもギリシア文字が用いられた。しかし征服者であり支配者である遊牧パルティア人と先住農耕民との融合が進むに連れて、文化にもしだいにイラン敵要素が強くなり王朝後期にはパフレヴィー語(中世ペルシア語)がアラム文字で表現されて公用語化した。
宗教的にも徐々にイラン色が濃くなり、ゾロアスター教が信奉されるようになったが、ミトラダテスと名乗るパルティア王がいたことからみて、ミトラ神への信仰も強かったと思われる。バビロニア地方ではセム系とイラン系の宗教混合も進んだ。

広告