ヒンドゥー教
シヴァ神、首にコブラを巻き結跏趺坐する姿が特徴的(バンガロール シヴァ寺)Wikipedia

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教 (紀元前5〜4世紀頃から現在) マウリヤ朝崩壊後の4〜5世紀の間に、バラモン教と土着の宗教とが融合したヒンドゥー教の形成が徐々に進行した。インド古典文化の黄金期のグプタ朝の時代はヒンドゥー教が王家の支持をえて、民衆の間にも浸透した。ヒンドゥー教徒の信仰形態は多様であるが、カースト制度を守りヴェーダ聖典とバラモンの権威を認めるという点ではほぼ共通し、カースト制度を支える宗教となり現在に至る。