ピャスト朝
ピャスト朝時代のポーランド(992〜1025)Wikipedia

ピャスト朝 (A.D.960〜A.D.1370) 10世紀にミェシュコ1世のもとでポーランド王国ピャスト朝を形成、カトリックを受容し、その子ボレスワフ1世の時代に首都グニェズノに大司教座を設置、神聖ローマ皇帝からポーランド国王の地位を認められた。宮廷の内紛が続いて豪族勢力の台頭を招き、11世紀後半にはいくつかの侯領に分裂、ドイツ人の東方植民が盛んになり、ドイツ騎兵団のプロイセン入植(1266)も行われた。13世紀末にヴワディスワフ1世とその子カジミェシュ3世により統一されたがシュレジエンをベーメンに奪われ、カジミェシュ3世の死後ピャスト朝は断絶した。