フィリップ3世(フランス王)
フィリップ3世とマリー・ド・ブラバンの結婚 (大英図書館のクロニエス・ド・フランス・デ・デニ・デニスにあるミニチュア) ©Public Domain

フィリップ3世(フランス王)

フィリップ3世(フランス王) (A.D.1245〜A.D.1285) フランス王国カペー朝第10代国王(在位1270年 - 1285年)。大胆王、豪胆王。父王ルイ9世とともに第8回十字軍に出陣し、父王がアフリカの陣中に没するとチュニス城外で即位。叔父アルフォンス・ド・ポアティエに相続人がなかったためポアトゥー、オーベルニュおよびツールーズ伯領を回収して一挙に王領を拡大した 。「シチリア晩祷」事件の報復をはかり、教皇と結んでアラゴンに出兵したが成功せず、撤退途上没した。