フレグの西征
フレグの西征 『集史』より ©Public Domain
Previous Post

Next Post

フレグの西征 (1253年〜1260年) モンゴル帝国第4代皇帝(ハーン)、モンケの時代にモンケの弟、フレグによって1253年から1260年に渡って行われた征服戦争。バグダードの戦いでアッバース朝とバグダードを壊滅する。 この遠征軍が中核となりイラン高原を中心にイルハン朝(フレグ・ウルス)が形成された。またこの後、帝位継承戦争を経てモンゴル帝国は次第に分裂していくためモンゴル帝国全体で行われる最後の大規模な遠征となった。

Previous Post

Next Post