ブリュメールのクーデタ ブリュメールのクーデタとナポレオン
ブルメールのクーデタで五百人会議員らに取り囲まれるナポレオン・ボナパルト将軍(François Bouchot画/ヴェルサイユ宮殿蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

ブリュメールのクーデタ (1799.11.9) 1799年11月9日(革命暦8年ブリュメール〈霧月〉18日)、フランスでナポレオン・ボナパルトが総裁政府を倒して独裁への道を固めたクーデタ。不人気となった総裁政府を目前にして、エジプト遠征からパリに帰還したナポレオンは、政治的変革をねらってシェイエス、タレーラン、フーシェの協力を得て元老会と五百人会を粛正し、翌ブリュメール19日執政政府を樹立した。