デキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌス
ブルータス像 (ローマ国立博物館蔵) ©Public domain

デキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌス

/

デキムス・ユニウス・ブルトゥス・アルビヌス (紀元前85年〜紀元前42年10月23日)。 共和政ローマ末期の政治家・軍人。共和政の実質的な設立者であり初代コンスルのルキウス・ユニウス・ブルトゥスの末裔。民衆派の指導者であった独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルの暗殺に関わった人物の1人で、現代においてはカエサル暗殺を象徴する人物として記憶されている。