ボルジギン氏
The Ilkhan handing out rewards. Illustration of Rashid-ad-Din’s Gami’ at-tawarih. Tabriz (?), 1st quarter of 14th century. Water colours on paper. Original size: 17.7 cm x 26.3 cm. Staatsbibliothek Berlin, Orientabteilung, Diez A fol. 70, p. 47. Valuable belts are handed out as rewards. ©Public Domain
Previous Post

Next Post

ボルジギン氏 (12世紀頃〜現在) モンゴル帝国のカアン(ハーン)の家系となったモンゴル部の中心氏族。モンゴル帝国、元の国姓である。 12世紀頃、モンゴル高原北東部において一大勢力を築いたモンゴル部の有力氏族で、ボドンチャルという人物を始祖とする男系の子孫たちからなる。この氏族は史上初めて全モンゴル部族を支配したとされるカブル・カンを出して以来、モンゴル部のカン(王)を独占した。そして13世紀にモンゴルのチンギス=ハンがモンゴル高原の全遊牧部族を統一してモンゴル帝国を興してから後はモンゴル高原で最も高貴な氏族とみなされるに至る。チンギス=ハンの男系子孫は現在まで連綿と続いているため、現在のモンゴル国や中華人民共和国においても氏族の名は残っている。

Previous Post

Next Post