チチェン・イッツァ マヤ文明
チチェン・イッツァ カスティーヨ @ Wikipedia

マヤ文明 (紀元前1000年頃〜17世紀)

マヤ文明は、ユカタン半島で、紀元前1000年頃から17世紀にかけて展開し、4世紀から9世紀に繁栄期をむかえた。ピラミッド状の神殿、二十進法、精密な暦法、絵文字などをもつ独自の文明が発達した。16世紀からスペイン人に侵略され、根強く反抗を続けたが1697年に全域が併合された。