マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス
大カトの胸像 ©Public Domain

マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス

/

マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス (紀元前234年〜紀元前149年)

共和政ローマ期の政治家。清廉で弁舌に優れ、執政官、監察官を務めた。曾孫のマルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス(小カト)と区別するため、「大カト(Cato maior)」と称される。『農業論』を記す。