ヴァルナ制 ヴァルナ(種姓制度)図 バラモン教とヴァルナ制度
ヴァルナ制度 ©世界の歴史まっぷ

ヴァルナ制

/

ヴァルナ制 後期ヴェーダ時代(紀元前1000年頃〜紀元前600年頃)、鉄器の使用が始まり森林地帯の開拓が進むと、農耕生活が安定し、余剰生産の増大とともに、生産に直接従事しない司祭者や王侯武士階級の人口も増え、ここにバラモン(司祭者)、クシャトリヤ(王侯・武士)、ヴァイシャ(農・牧・商に従事する庶民)、シュードラ(先住民を主体とする奴隷階級)からなる4ヴァルナ制度(種姓制度)が成立した。