一休宗純
紙本淡彩一休和尚像 部分(墨斎筆/東京国立博物館蔵/重要文化財)©Public Domain

一休宗純

/ / /

Previous Post

Next Post

一休宗純 いっきゅうそうじゅん(A.D.1394〜A.D.1481)

室町時代の臨済宗大徳寺派の風狂の僧。一説に後小松天皇の落胤。江戸時代につくられた「一休ばなし」のモデルとして知られる。政治と癒着した当時の仏教界の腐敗を批判する一方で、盲目の森侍者などの女性との関係や肉食の話などもあり、奇抜な行動が多かったといわれる。詩集に『狂雲集』などがある。

Previous Post

Next Post