同盟外交の展開と列強の二極分化 三国同盟 三国協商 第一次世界大戦前の国際関係図 露仏同盟
第一次世界大戦前の国際関係図 ©世界の歴史まっぷ

三国同盟 (A.D.1882〜A.D.1915)

フランスの孤立をはかるビスマルク外交の中心的同盟。フランスのチュニジア占領に反発したイタリアが1882年ドイツ・オーストリアに接近し結ばれた。しかし、第一次世界大戦勃発後、「未回収のイタリア」獲得を目指すイタリアが協商国側と密約を結び同盟を離脱、1915年に崩壊。