武帝の政治 前漢 前漢の最大領域と張騫の行路地図
前漢の最大領域と張騫の行路地図 ©世界の歴史まっぷ

秦王朝

新(中国)

Previous Post

Next Post

前漢 (B.C.202〜A.D.8)

秦滅亡後の楚漢戦争に勝利した劉邦によって建てられ、長安を都とした。郡国制を施行したが、諸侯権力の削減をはかり、それに抵抗する呉楚七国の乱(紀元前154)を鎮圧し、中央集権体制を確立した。武帝のとき儒学を官学化し、専制政治の冷酷さを補った。タリム盆地諸都市、南越、ベトナム北部、朝鮮まで支配を広げたが、度重なる外征によって国家財政は苦しくなり、しだいに外戚や宦官の専横を招き、皇帝の権威は失われ、8年、皇太子孺子嬰じゅしえいのとき、外戚の王莽おうもうに帝位を奪われ、王莽は新(中国)を建国した。25年、漢朝の傍系ぼうけい皇族であった劉秀りゅうしゅう(光武帝)により再興された王朝を後漢と呼ぶ。

Previous Post

Next Post