閻立本 劉備
蜀主劉備(閻立本画) ©Public Domain
Previous Post

Next Post

劉備 (A.D.161〜A.D.223)

劉備りゅうびは、三国時代(中国)蜀漢の初代皇帝(在位221年 - 223年6月10日)。前漢景帝(漢)の子である中山靖王ちゅうざんせいおう劉勝りゅうしょうの後裔と称するが、早くに父を失い、草鞋わらじむしろを織るという貧賤ひんせんのなかに育つ。黄巾の乱がおこると関羽・張飛らと官軍に加わり、これを契機に軍閥のあいだを転々としながら名を高めた。曹丕が魏王朝をおこすと、漢の継承者を標榜して帝位に就いた。

Previous Post

Next Post