北条早雲
北条早雲(法泉寺蔵)

北条早雲

/ /

北条早雲 (A.D.1432〜A.D.1519) 戦国時代の戦国武将。堀越公方の足利茶々丸を滅ぼしてて伊豆を奪い、ついで相模に進出して小田原城を本拠とした。分国法「早雲寺殿廿一箇条そううんじどのにじゅういっかじょう」を制定し印判状による領国支配を構築。検地の実施と貫高制の採用など民政にも力を砕いた。室町幕府政所執事伊勢氏の一族とみる説がほぼ定説となっている。鎌倉幕府の北条氏と区別してのちの戦国大名の北条氏を後北条氏と呼ぶことがある。