北条泰時
北条泰時(柳庵随筆)©Public Domain

北条義時

北条経時

Previous Post

Next Post

北条泰時 ほうじょうやすとき (A.D.1183〜A.D.1242) 鎌倉幕府第3代執権。承久の乱では弟時房とともに朝廷軍を壊滅させて京都を占領し、乱後は六波羅探題として京都に残った。父2代執権北条義時が死去すると執権となり評定衆しょうじょうしゅうを置いて独裁色の強かった幕府を合議制へと転換させ、1232(貞永1)年には「御成敗式目」を制定、公平な裁判の基準とした。その治世への評価は高く、「ぎょうしゅん(中国の伝説上の名君)の再来」といわれた。

Previous Post

Next Post