印象派
印象派 ©世界の歴史まっぷ

印象派


Previous Post

Next Post

印象派 Impressionism

19世紀後半にあらわれたフランス絵画の様式。先入観をすて、外界の事物から受ける感覚的印象をそのまま表現しようとして、光と色彩を重視した。風景や人物など身近なものや近代市民生活を題材とした。チューブ入り絵具や写真の発明が影響した。マネ、モネ、ドガ、ルノワールなど。

印象派

19世紀後半にあらわれたフランス絵画の様式。先入観をすて、外界の事物から受ける感覚的印象をそのまま表現しようとして、光と色彩を重視した。

¥946 (2021/08/03 10:40:48時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634033046
  • サロンのアカデミズムに反抗した。
  • 光と色彩を重視し、大胆で自由なタッチを使用して、対象からうける直接的印象を表現しようとした。風景や人物など身近なものや近代市民生活を題材とした。
  • チューブ入り絵具(戸外制作が可能に)や写真の発明が影響した。

参考 山川 詳説世界史図録

欧米における近代国民国家の発展

19世紀欧米の文化

美術と音楽
草上の昼食
草上の昼食(エドゥアール=マネ画/オルセー美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
睡蓮
睡蓮(クロード=モネ画/デンバー美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
ダンスクラス
ダンスクラス(エドガー=ドガ画/オルセー美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain
ムーラン=ド=ラ=ギャレット
ムーラン・ド・ラ・ギャレット(ルノワール画/オルセー美術館蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

パリのモンマルトルにあったダンスホールで、木漏れ日のなか集う人々の様子を描いたルノワールの代表作。

印象派

19世紀後半には印象派 Impressionism の画家が現れた。彼らは「明るく、さらに明るく」をモットーに、光と陰の色彩を主観的な感覚によって追求したので、当時の風刺雑誌記者によって印象派と名づけられた。その画風の創始者はマネ Manet (1832〜83, 「草上の昼食」 エドゥアール=マネ)で、彼の周りには印象主義の確立者であるモネ Monet (1840〜1926, 「睡蓮」 クロード=モネ)などがいた。またドガ Degas (1834〜1917 エドガー=ドガ)は踊り子や競馬などを描き、ルノワール Renoir (1841〜1919)は印象派の巨匠として女性の肖像や浴女などを描いた。

¥2,750 (2021/08/03 10:39:00時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634030888
広告
Previous Post

Next Post