印象派
印象派 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

Next Post

印象派 Impressionism 19世紀後半にあらわれたフランス絵画の様式。先入観をすて、外界の事物から受ける感覚的印象をそのまま表現しようとして、光と色彩を重視した。風景や人物など身近なものや近代市民生活を題材とした。チューブ入り絵具や写真の発明が影響した。マネ、モネ、ドガ、ルノワールなど。

Previous Post

Next Post